さぴのフィーリング日記

自分のための日記

植物

大学では農業を学んでいましたが

それは動物が好きだからでした。

植物には一切の興味が湧かず、

サボテンの一つすら育てたことがありません。

 

最後に植物を育てたのはチャレンジの付録で付いてたケナフ(紙の原料)を育ててたことです。その時も特に植物の成長について強い興味はありませんでした。

育てたケナフで紙を漉いたかどうかも覚えていません。

 

そんな私が青しそと豆苗を育てることになりました。

お部屋に緑が欲しかったのと、単純に休みを持て余していたから。

何かを始めるきっかけは思いつきと暇な時間です。

 

青しそはコンビニで見かけた「育てるヤクミ」です。

育てるサラダ(サラダかと思って蓋を開けたら土と種が現れる、ある種イタズラグッズのような商品。)のヤクミ系です。

ファミリーマートで何の気なしに手にとってなんとなく育ててみることにしました。

f:id:chigusap-ris:20170523125419j:image

 

もう一つの豆苗はスーパーでコスパの良い野菜を考えている時に、豆苗は水につけておけばもう一度収穫できる!と書いてあったので節約のためと、単純にどんなふうに再生するのか興味が湧いたからです。

予備知識として豆苗はグリーンピースの芽だそうです。

(根元の部分の見た目は刺激が強いです。豆からぎっしり根っこと芽が出ていてグロテスクさに心が折れそうでした)

水に浸す 容器がなかったので1人用 土鍋で育てることにしました。f:id:chigusap-ris:20170523125401j:image

 

植物の良さとか育てる気持ちとか興味もないしわからなかったのですが、

やってみるとなんだか可愛く見えてきました。

 

経過や結果はまた改めて書こうと思いますが、興味ないと思っていたことでも面白さをみつけられる可能性を体験しました。

 

初めまして

個人ブログが流行ったのは10年くらい前でしょうか。

ガラケーでプロフィールや毎日のどうでもいい日記をたまに書いていました。

キリ番とか足跡🐾とか一体なんの意味があるのかわからないままみんなやっていたので私も更新をしていましたが、単純に不便でめんどくさかったのかすぐに飽きてしまいました。

ブーム自体もそんなに長くなかったような。

ただ、インターネットで誰かとつながることに快感を覚えたきっかけにはなりました。

 

その後大学生になってスマホが現れツイッターにはまりました。

息をするようにツイートするスタイル。

過呼吸ぎみなのでしょう、リアルの先輩にはTLを埋めるな、とブロックされることがしばしばありました。

それでも感情を文字にするだけでなく、ファボ、リツイートというアクションを何処かの誰かからもらえるツイッターはストレスの捌け口としてすごく優秀で、毎日なにかつぶやいてしまいます。

そして自分も誰かのツイートに共感して、わかるわかると、傷の舐め合いをしてしまいます。

そうこうしているうちに社会人になってストレスが無い日がなく、ますますツイッターに浸かっていました。

ただ、最近ツイッターを更新していて明らかに自らの語彙力が低下していることに気づいてしまいました。

綺麗なものがどう綺麗なのか、

美味しいものがどう美味しいのか、

好きなもののどこが好きなのか、

ちゃんと自分で噛み締めているかな、と思ったのです。

だからブログでいろんな言葉を考えて

自分の感情や日常を表現したいとおもいます。

 

今後は今チャレンジしていることや気になっていること、好きなものなどを素直に紹介したいです。

 

引き続きよろしくお願いします。